NEWS

【LOVELOVEGARDEN】1/35 MK52 SERIES ARRIVAL NOW !

Ma.K./ kow YOKOYAMA造形の中でも一際官能的なラインを追求する『LOVELOVEGARDEN』様より、待望の新作 [1/35 MK52C-2 "Crusader" ]が入荷しております。

LOVELOVEGARDEN Ma.K.041
MK52C-2 "Crusader"
Scale 1/35

今作[MK52C-2 "Crusader" ]は、横山宏氏の最近作が完全再現されたというだけでもファンにとってはソソるものがありますが、出生に至るまでの経緯が複雑といいますか、まさにMa.K.的な道のりを辿って開発されておりそれも含めて非常に魅力的なキットです。

キット紹介前にその経緯をさらっとご紹介いたします。

まず "Crusader" の元になったキットがこちら。[ MK52C "Cockatrice"] です。

逆関節の鳥脚に大型武装コンテナといった直線構成と胴体の有機的なラインの対比が美しい機体ですね。

このC型は既発売の[MK52b "Basilisk"]を元に『LOVELOVEGARDEN』がオリジナルアレンジを施したものとなっています。
程よく外連味を効かせつつ異形感を際立たせたアレンジはまさにサイトウヒール節と言えるかと!

*ちなみにMK52各型の b : Basilsk, C : Cockatrice, G : Gargoyle といったコードネームはヒール氏による命名となります。
過去には横山先生がG型のキットを改造して製作され W : Wyvern のコードネームが冠された作品も存在しています。

そして元になりました[MK52b "Basilisk"]がこちらです。

MK-52bは創刊当時の「月刊モデルグラフィックス」誌で約一年間連載されていた「マシーネンクリーガー ブレッヒマン」の最終回(1985/11)に登場した機体です。
全高はMK44の倍、重量は3.5倍という設定の巨大装甲スーツです。

この頃の横山宏氏による作品はキットバッシュの真骨頂とも言えるかなり複雑度の高い、円熟味を増したモデリングとなっており、その再現に挑まれた方も多いのではないでしょうか。

そしてさらにさらに、こちらの[MK52G "Gargoyle"]。

モデルグラフィックス誌の大日本絵画が1988年に刊行したコミック誌『COMIC NOIZY』にて展開された、コミック版ブレッヒマンに登場しました。

LOVELOVEGARDEN様のキットではMK 52シリーズ第一弾としてb型より先にこのG型がリリースされているので、ちょっとややこしいですが、連載当時の作例の順番としてはb→Gとなります。横山先生はb型を改造してG型を作られたので、b型のオリジナルモデルは現存しておりません。

連載ページはこんな様子でした。。。

便宜上コミック版・漫画版と言われているものの、コマ毎の描写は一枚絵として成立するほどの書き込みが成されており、模型撮影とイラストを組み合わせて物語を展開するその手法はまさにバンドデシネ。
『ロボットバトルV』の単行本と合わせて復刻が望まれますね。。。

さて話を[MK52C-2 "Crusader" ]に戻しますと、月刊ホビージャパンでの連載『Ma.K.in S.F.3.D』2021年10月号誌上にてMK52Cバリエーション特集が組まれた際、横山先生によって新たに誕生したモデルとなります。
*同連載のレインボウエッグKATOOO氏による解説もぜひご覧ください。

昭和から令和へ繋がるリレーモデリングとでもいうべき「アレンジ×アレンジ」な贅沢モデルを手にする喜び^ ^

脚部に装甲を施し、腕部が設けられノーズを延長したその姿はC型の特徴でもある有機的なボディラインを強調した力強いシルエットとなりました。
開発系譜的には型番からもbとGの間の機体のようですね。

上面から見ると猫背が強調されてとんでもなくカッコいい!
その形から製作当初に「ノミ(Flea)」と命名されかけたのもうなづけますね。

追加パーツもストレスなく組み上げることができます。
キットは関節フリーポーズ仕様となりますので、作例の飛行ポーズ以外にも組むことが出来ます。ぜひかっこいいポージングを決めて飾ってくださいね。

MK52シリーズ揃い踏みで登場となりました。
どちらも入荷少数となりますのでお早めにどうぞ。

同時に1/35フィギュアシリーズの[Robot Battle V Special Set 1]も再入荷いたしました。
1/35アイテムも各社からのリリースが続き気がつけばかなり膨大な数になっていますね。メカを単体で飾っているところに、フィギュアを添えるだけで簡単に世界観の拡がりを感じられる仕上がりになります。こちらも合わせてどうぞ。