NEWS

【atelier iT & BRICK WORKS】NOW ON SALE ! 新製品好評発売中です!

今月いちばんのトピックといえば [atelier iT]・[BRICKWORKS] による、林浩己氏原型作品の連続発売ではないでしょうか。

年末を飾るに相応しい華々しさで当店も過去最大数の発注数を持ってこれに当たりました。

が…初回入荷分は早々に完売、順次再入荷を急いでおり嬉しい悲鳴をあげているという^ ^

そんな2大アイテムをご紹介です。

まずは[BRICK WORKS]様、
1/20スケール『舷窓の向こう インナースーツ2.0』。

- シリーズ32作目にして、舞台は再び宇宙へ。
パイロットスーツ下に着用するインナースーツ姿をイメージしたフィギュアです。
従来ラインナップ:MUS-07と共に、お楽しみ下さい -

ということで シリーズ初期作品にして「こんなんあり?」とファンを驚愕させたMUS -07の連作とも言える作品の登場です。

今作『インナースーツ2.0』は『-07』と比べ、胸元をはだけてサンダル(磁力吸着式だと嬉しい)履きのラフなスタイルであることからリラックスモードにあるのが見てとれます。

『舷窓の向こう』のタイトルどおり、束の間の休息に窓から宇宙空間を我知らず眺めている、そんな光景が想像できますね。

キットはパーツ数6点と1/20スケールの標準的な内容。
この胴体と頭部・前髪の一体成形はちょっと凄い。
塗装のハードルがやや高そうですが、顔や首周りの入り組んだ部分までモールドクッキリ状態で綺麗に抜けていますので根気良くトライしてみてくださいね。

『MUS -07』をお持ちの方は並べてみると両作品の造形スタンスの違いが垣間見えて面白いと思います。

等身はほぼ同じなのに、コミカライズされたようなナイスバディの『07』としっとりとした情緒も感じる今作『インナースーツ2.0』、どちらもお好みではありますが(笑)

そして [atelier iT]様の新作『HQ 12-06』!
ここのところ1/8スケールサイズでのリリースが続いており、この路線を踏襲するのかと思いきやイット様の標準スケールである1/12に回帰しました。

麗しの女性スパイとでも形容できましょうか…身体にフィットしたエナメルレザーの70’sテイストが堪りません。

敢えてのスレンダー体型でも肉感的な造形は溜息ものの美しさです。

もう多くは語らずともその魅力は充分に伝わっているかと^ ^
パーツ展開もイット様ならではの親切な分割となっています。

色々とカスタムが思いつきそう(某特撮の女性隊員とか。。)な、遊べるアイテムでもあると思います。

[atelier iT] , [BRICK WORKS] 様双方とも新作に合わせて従来アイテムも再入荷しております。
こちらも併せてどうぞ。

年末年始は美女に囲まれて過ごそう!