NEWS

【 Craftsperson 】INTRODUCING NEW DEALER ! 新規お取扱い開始です

ちょっと前からSNSを賑わせていたドラゴンや競走馬のガレージキット。
手頃なサイズ感と塗装後の映え方で「塗ってみたい!」と思わせる生命感あふれる造形物たち。

そんな製品を手がけているのが、キット開発だけでなくペイント講座などでも精力的な活動を続けておられる、造形作家/ペインター の 武蔵 (Twitterアカウント:@moguneko3)率いる [Craftsperson]です。

この度縁あって同社製品をお取り扱いさせていただく運びとなりました。

武蔵氏は昔から模型を楽しみ、10代で初めての勤め先が全国展開している総合ホビーショップでした。
そこで働く中プラモデルやガレージキットにより深く関わり、その中で既存の商品では満足出来なくなりフルスクラッチそして複製と自然な流れでワンフェスに出展するようになりました。

またモデリングやペイントの講師を行っていくなかで、塗る工程を逆算しての造形・パーツ構成を考えたキットを作り始めるようになり、『買って満足』ではなく『塗って楽しみたくなる』をコンセプトとしたブランド立ち上げに繋がったそうです。

現時点でのラインナップは5アイテム。

詳しくはそれぞれのアイテムページをご覧いただけるとお分かりになるかと思いますが、手のひらに収まるサイズと、そのサイズ感に反比例するかの如く敢えての密度高めなディテーリングが施されております。

このディテーリングを細かく塗り込むことで塗装が映える=塗装の楽しさを追求できる=完成させるとまた新たに作りたくなる、につながる素敵な循環が生まれています。

「生命感あふれる造形」と「密度高めなディテーリング」が塗装によって何倍にも引き立つ好例は、この [ちびドラ遊戯]が顕著ではないでしょうか。

作例を画像で拝見したときに想像していたサイズ感と実際の製品のギャップがものすごく、こんなに小さかったの〜?と驚かずにいられませんでした。

武蔵氏のペインターとしての熟達度が原型製作前のプランニングとノリの良さで造形していくリズムの良さの両方にかなり良い影響を与えていると感じます。

そんな [Craftsperson] 様の造形作品は、価格がリーズナブルな面も特徴のひとつです。購入しやすい価格帯というのもプランニングに入っているのかもしれません。

熟慮されたサイズとパーツ構成で生産コストを抑えた製品作りからは、「もっと気軽にガレージキット製作を楽しんでもらいたい」というディーラーの姿勢を感じ取れ、その心意気を応援したくなってしまうのです。

ということで皆様もそんな[Craftsperson]のアイテムを是非お迎えくださいませ^ ^